禁煙すべき理由の一つは、喫煙が健康と命を脅かすことです。 喫煙は25余りの致命的な病気と結びつけられています。例えば、

心臓発作、脳卒中、慢性気管支炎、肺気腫、種々のがん、特に肺がん

のおもな原因となっています。もちろん、幾年も喫煙した後に初めて、これらの病気のどれかにかかる人もいます。一方、たばこを吸えば一段と魅力的になれるというわけでもありません。広告に登場する喫煙者は魅惑的かつ健康的に見えます。

しかし、現実はそうではありません。たばこを吸うと、息は臭くなり、歯と指は黄褐色に染まります。
男性の場合はインポテンツになりかねません。せきや息切れも起きます。また、若くして顔にしわが寄ったり、他の皮膚障害を抱えたりしやすくなります。