睡眠時無呼吸症候群の患者さんによく見られる所見として、

大きなイビキ
下顎が小さい
肥満傾向にある
舌が大きい
鼻のつまりが強い
軟口蓋が長い

などが挙げられます。ただし、これらに当てはまる所見のある人全てがSASになるわけではありません。逆にこういった所見がなくてもSASになる方もいます。