持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)

寝ている間に鼻マスクより空気を送り、軌道の閉塞を防ぐ治療法です。睡眠時無呼吸症候群の最もスタンダードな治療法で有効性・安全性が高く、即効性があります。副作用が少ないのも特徴です。

マウスピース

マウスピースは、イビキや無呼吸の程度が比較的軽症〜中等症の方に適しています。寝ている間に装着することで、下顎が前に移動し気道を拡げ、イビキや無呼吸を軽減させます。*マウスピースは歯科医院で作成していただきます。

外科的手術

イビキや無呼吸の原因が、肥大した扁桃や長い軟口蓋の場合、それらを切除し気道が塞がらないようにする手術です。