睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome;SAS)とは

初診時の際は、診察時間を多く頂きますのでお手数ですが、 お電話もしくはインターネットにてご予約をお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ

052-734-8788

睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)とは、寝ている間に気道が何らかの理由で塞がってしまい、呼吸が止まってしまう疾患です。日本における有病率は男性で約3.3%、女性で約0.6%と男性に多く見られます。SASの患者さんは寝ている時に大きないびきを伴っていることが多く、大きないびきの消失とともに呼吸が停止し、この状態が数十秒続くと脳が呼吸を再開させるために覚醒し、呼吸が再開し脳が眠りにつくとまた呼吸が止まる、といったことを一晩中繰り返します。その結果、睡眠を十分に取ったつもりでも実際には満足な睡眠が得られていないので、疲れが残ってしまったり、昼間に耐え難い眠気が現れます。

SASを治療せずに放置をしてしまうと、以下のようなリスクがあります。

  1. 不快な自覚症状(昼間の眠気、集中力・記憶力の低下、倦怠感など)
  2. 居眠り運転や不注意による交通事故
  3. 高血圧症や心筋梗塞、脳卒中などの合併疾患の発生や再発

睡眠時無呼吸症候群の症状

毎晩大きなイビキをかくと家族や周囲に言われる
居眠り運転をしてしまう
睡眠中に呼吸が止まると家族や周囲に言われる
体がだるい
しばしば、息苦しさで目覚める
肥満気味だ
寝汗をかくことが多い
血圧が高い
車を運転中に居眠りする
昼間(会議中など)に強い眠気がある
寝相が悪い
よく眠った感じがしない
朝、目を覚ました時に熟睡感がない
朝起きると頭痛がする
日中に眠気が強く、目を覚ましているのがつらいことが多い

睡眠時無呼吸症候群になりやすい方の特徴

睡眠時無呼吸症候群の患者さんによく見られる所見として、

大きなイビキ
下顎が小さい
肥満傾向にある
舌が大きい
鼻のつまりが強い
軟口蓋が長い

などが挙げられます。ただし、これらに当てはまる所見のある人全てがSASになるわけではありません。逆にこういった所見がなくてもSASになる方もいます。

何科に通院すればよいのか?

内科、耳鼻科、歯科など色々なクリニックで診察をうけることが可能です。
睡眠外来を専門で行っているクリニックもあります。ホームページなどを閲覧して、睡眠時無呼吸症候群の情報が掲載されているクリニックへ通院 することをおすすめします。

閉塞性SASの合併症(もしSASを未治療で放置した場合)

閉塞性SASがもたらすリスク

短期的なリスク
起床時の頭痛、頭重・倦怠感、集中力・記憶力の低下、日中の眠気、交通事故、生産性の低下、作業ミスによる労働災害
長期的なリスク
高血圧症、糖尿病、心不全(30~40%はSASを合併していると言われる)、 心血管障害、夜間突然 死、脳梗塞、認知障害、発育不全(小児のSASでは、特に発育障害が問題となります。これは睡眠が障害されると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌が不足するためと言われています。呼吸が止まっていなくても、いびきをかいていることは、正常な呼吸とは言えません。)

睡眠時無呼吸症候群の治療の流れ

【1回目の受診】当院へ受診し睡眠時無呼吸症候群の検査を受けるかを決定
  1. 必要書類への記入「携帯用睡眠時無呼吸検査装置賃貸借・データ処理」
  2. パンフレット「簡易検査を受けられる方へ」
  3. 次回受診日(4週間程度)の予約

ご自宅にて

指の酸素飽和度センサーと鼻の気流センサーを装着していただきます。

  1. 数日後、ご自宅(あるいはご指定の場所)に、検査機器が宅配便(ヤマト運輸)で配送されます
  2. 検査機器に付属されている手順書に従って、測定して下さい
  3. 測定後、検査機器は同封の伝票(着払伝票)を使用して(1週間以内)に返却して下さい
【2回目の受診】検査結果説明(初回より3~4週間後)
検査機器を返送後、1週間〜2週間程度で結果レポートが当院に届きます。

検査結果後、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)を開始する必要がある場合

  1. パンフレット「CPAP療法を始めよう」
  2. CPAP導入の為に、1時間ほど当院にてお話を聞いていただけるご都合のいい日程を決定
【3回目の受診】CPAP導入の為のご説明(1時間程度)
  1. CPAP導入の為のご説明(1時間程度)
  2. 装置をお持ち帰りになり、自宅で使用開始
【4回目の受診】月に1回受診して頂き、CPAP中の呼吸状態の診察
※ 就寝中の呼吸状態はインターネット経由で送信されているため、受診時に持参して頂く必要はありません。

治療について

持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)

当クリニックでは、SASに対してCPAP治療(持続陽圧換気治療)が必要な患者さんのCPAPの導入および外来管理を行っています。適切なCPAP圧の決定、使用状況、治療効果等の管理を行います。
寝ている間に鼻マスクより空気を送り、軌道の閉塞を防ぐ治療法です。睡眠時無呼吸症候群の最もスタンダードな治療法で有効性・安全性が高く、即効性があります。副作用が少ないのも特徴です。CPAPは健康保険の適応となる治療法です。3割負担の場合、毎月約5,000円の費用負担で治療が可能です。

通院治療について

CPAPはSASの重症度基準を満たした患者さんに対して保険診療としての治療が認められている治療法です。この治療は人工呼吸器に準じた治療器具を用いた治療法であり、適切な治療管理を継続していくために、月に一度のクリニック受診が保険診療の条件となっています。病気や治療状態の変化を見逃さないためにも、必ず月1回の外来受診を行ってください。
使用目標の最低ラインとされているのが試用期間の80%以上の日で使用すること、4時間以上の使用とされていますが、毎日6時間以上使用することが最も良い状態となります。

マウスピース

マウスピースは、イビキや無呼吸の程度が比較的軽症〜中等症の方に適しています。寝ている間に装着することで、下顎が前に移動し気道を拡げ、イビキや無呼吸を軽減させます。*マウスピースは歯科医院で作成していただきます。

外科的手術

イビキや無呼吸の原因が、肥大した扁桃や長い軟口蓋の場合、それらを切除し気道が塞がらないようにする手術です。

CPAP療法についてよくある質問

CPAPで睡眠時無呼吸症候群は治りますか?
CPAP療法は、近視に対して眼鏡をかけている状態と同じように、CPAPを使い続ければいつか睡眠時無呼吸症候群が治る、というものではありません。CPAPをお使いの患者さんで、CPAPを離脱する(中止する)ためには、手術や減量で体の状態に変化が起こったり、マウスピースなどの他の治療法を選択する必要があります。睡眠時無呼吸症候群の重症度が高く、統計学的に他の治療法、対処法が困難と予測される患者様もいらっしゃいます。
CPAPの離脱やCPAP以外の治療法を希望される患者様は、一度ご相談下さい。
CPAPは毎日使用しなければいけませんか?
CPAPの使用目標は使用期間の80%以上の日で使用し、さらに1日4時間以上が最低ラインの目標値となりますが、最も良いのは毎日使用し、かつ1日6時間以上使用して頂くことです。
これらの数字の根拠は、その数値以上にCPAP治療を行った患者様はそれ以下であった患者さんに対して、生命予後(余命)や、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症の発症頻度が明らかに良好であったというデータに基づいています。
ただし、毎日CPAP治療を行う事が最善ではありますが、旅行や仕事の都合で、月の内2、3日CPAPが使用できない日があったとしてもそれほど心配する必要はないでしょう。
CPAPをしていても眠気が取れないのですが?
睡眠障害がない方でも日中の眠気を感じることはあり、眠気を感じただけでそれがすぐに病的であるとは言えません(“眠気の状況”アンケート:ESSで、12点以下は正常範囲内の眠気と考えられています)。CPAP治療を行ってAHI(RDI、無呼吸低呼吸指数)が正常範囲内でコントロールできている場合、一概には言えませんが、眠気の原因は純粋な睡眠時間の不足によることが多いです。
全人口の1、2%で長時間睡眠者、短時間睡眠者と呼ばれる、一般の方と必要睡眠時間が異なる方がいらっしゃいますが、残りの98%の方にとって、日中の正常な脳活動が得られ、睡眠時間の不足から来る眠気を防止するためには7時間台の睡眠時間が必要とされています。
眠気の原因が睡眠不足から来るものか、そうでないかを確認する方法は簡単です。7時間睡眠を取る日を3、4日続けましょう。それにより眠気が改善した場合は、睡眠不足が眠気の原因といえるでしょう。CPAPは睡眠の質を改善する優れた医療機器ですが、必要な睡眠時間が短縮できるものではありません。良質の睡眠を得るために睡眠時間もしっかりと確保しましょう。
CPAPをしていても自覚的な改善がありませんが?
CPAP導入当初は眠気に対する高い効果が実感できたのに、しばらく使用し続けていると、再度眠気を感じるようになる方がいらっしゃいます。それは使用当初はCPAPによって睡眠の質が劇的に変化したことでそれが実感として認識できたのに対し、その後安定した睡眠に体と脳が慣れ、正常の方並みの眠気を感じ出したことが原因として考えられます。
毎月のデータ確認で、AHI(RDI)が正常の値を示しているのであれば、睡眠時無呼吸症候群の治療効果に関しては大きな心配はありません。また、もともと眠気などの自覚症状に乏しい方もいらっしゃいます。症状の改善のためというよりも、睡眠時無呼吸症候群による将来的な合併症の頻度を減らすために導入された方は自覚的な改善は残念ながらない方もいらっしゃいます。