この記事を書いた人

いのまたクリニック 院長 猪又雅彦

日本内科学会 日本循環器学会
日本心臓病学会 日本睡眠学会

【関わる全ての人を笑顔にすることが私たちの使命です。】

1.冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)とは

冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)は、冠動脈がけいれんして収縮することにより、強い胸の痛みや圧迫感などの発作が起こる病気です。
就寝時や安静にしている時に発作が起こることから「安静時狭心症」とも言われています。

冠攣縮性狭心症の発作のほとんどは一時的なもので、時間とともに痛みが治まります。
発作の時以外には特別な自覚症状がないことから、つい様子を見てしまいがちですが、発作時のけいれんが長く続くと心筋梗塞を引き起こす可能性もあるため、早期のうちに発見し、治療に繋げていくことが大切です。

労作性狭心症(ろうさせいきょうしんしょう)との違い

狭心症は、心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈の血流が悪化し、一時的に心臓が酸欠状態になってしまう病気で、「労作性狭心症(ろうさせいきょうしんしょう)」と「冠攣縮性狭心症」の大きく二つのタイプがあります。

労作性狭心症は、冠動脈の動脈硬化が原因で発症する狭心症で、運動(=労作)時に発作が起こるのが特徴です。動脈硬化が進むと、血管の内側の壁には「プラーク」と呼ばれる脂肪やコレステロールなどが溜まるようになり、血管が狭窄(きょうさく:内部が細く狭くなる)します。
血管にこのような狭窄箇所があると、運動などで一気にたくさんの酸素が必要になった時に、冠動脈からの供給が追い付かなくなり、一時的に心臓の血液が不足して(虚血:きょけつ)、胸の痛みが起こります。

一方、冠攣縮性狭心症は、冠動がけいれんし、血管が収縮することで起こる狭心症です。
冠動脈のけいれんは「冠攣縮(かんれんしゅく)」もしくは「スパズム」と呼ばれます。何らかの理由で冠攣縮が起きると、血管が縮んで一時的に狭窄状態に陥るため、心臓に送られる血液が不足して痛みが起こります。
冠攣縮は日中起こる場合もありますが、明け方~早朝は、特に交感神経が緊張して血管が収縮しやすくなるため、睡眠中に発作が起こるケースが多いのが特徴です。
安静時に起こる発作の中でも、冠動脈の狭窄が原因ではなく、冠攣縮が引き金になって発作が起こる狭心症は、「異形狭心症(いけいきょうしんしょう)」と呼ばれることもあります。

(表)労作性狭心症と冠攣縮性狭心症の発作の比較
労作性狭心症については「狭心症」のページもご覧ください。

冠攣縮性狭心症になりやすい人は?

労作性狭心症は欧米人の発症率が高いのに対して、冠攣縮性狭心症は日本人に多く見られます。その発症数は欧米人の約3倍に上り、狭心症発作の6割が、冠攣縮に関連して起こるとも言われています。

また、女性よりも男性に多く発症し、年齢が上がるにつれて患者数も増加します。
女性の場合は、女性ホルモンが減退する閉経後(50歳以降~)に発症が増える傾向があります。
その他、発症には毎日の生活習慣との関わりも深く、喫煙や飲酒の習慣がある方、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病をお持ちの方、日常的に強いストレスにさらされている方なども発症のリスクが高くなることが分かっています。

2.冠攣縮性狭心症の症状

冠攣縮性狭心症の症状は、発作時の胸の痛みや圧迫感などで、労作性狭心症と大きな違いはありません。締め付けられるような痛みが徐々に強くなり、冷や汗や息苦しさを伴うこともあります。 また、奥歯やあご、肩など、胸以外に強い痛みが出る「関連痛」もしくは「放散痛」と言われる症状が出ることがあるのも大きな特徴です。

発作は、交感神経が緊張しやすい深夜~早朝にかけて起こることが多いですが、飲酒や喫煙、過呼吸、身体が急に冷えた(ヒートショック)、などをきっかけに、発作が誘発されることもあります。
頻繁に起こる場合もあれば、しばらく期間が空く場合もあり、発作の頻度には個人差があります。
発作が起こると強い痛みが数分~10分程度続きますが、冠攣縮が治まると、心臓の血流も改善されて正常になるため、発作の痛みも消失します。

冠攣縮性狭心症の発症メカニズム
(図)冠攣縮性狭心症の発症メカニズム

3.冠攣縮性狭心症の原因

労作性狭心症のように動脈硬化による狭窄がなく、一見、正常に見える冠動脈がなぜけいれんを起こすのかは、まだ正確に解明されていませんが、加齢などにより、冠動脈の内壁の機能が低下する「内皮障害」が関係していると考えられています。

発作を起こすおもな要因(危険因子)には、喫煙や飲酒、脂質や糖質の代謝異常、ストレスなどが挙げられますが、中でも、血管の壁を直接傷付けるうえ、冠攣縮発作を誘発してしまうタバコは、最大のリスク要因です。

また、冠攣縮性狭心症の患者さまには、日常的にお酒をたくさん飲まれる方が多く、脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病をお持ちの方が多いのも特徴です。
さらに、精神的なストレスが、交感神経を緊張させ、冠攣縮を引き起こすこともあります。

結局、これらの要因は、どれも動脈硬化を進行させるものでもあることから、冠攣縮性狭心症も、労作性狭心症と同じように、動脈硬化を進行させないための対策が大切になります。

4.冠攣縮性狭心症のおもな検査

冠攣縮性狭心症は、労作性狭心症と違い、運動では発作が誘発されず、発作の起こり方も一定でないため、診断が難しいケースも少なくありません。
問診時には、聴診で心音などを確認するとともに詳しい症状をお伺いして、冠攣縮性狭心症が疑われる場合には以下のような検査を行います。

ホルター心電図

心電図で心臓の状態を24時間記録する検査です。 冠攣縮性狭心症は、発作時以外は正常であることが多く、通常の心電図だけでは確認できないため、24時間連続して記録するホルター心電図を行います。 検査中は、24時間、小型の検査装置を体に装着していただきますが、外来で行うことが可能ですので、基本的にいつも通りの生活を送っていただくことができます。 検査中の入浴はできませんが、装置が濡れないように注意していただければシャワーは可能です。

カテーテル検査(冠動脈造影検査)

脚の付け根や手首などから「カテーテル」という細い管を入れて心臓まで運び、直接造影剤を注入してレントゲン撮影を行う検査です。
ホルター心電図を行っても、検査の間に必ずしも発作が起こるとは限らないため、冠攣縮性狭心症が疑われる場合にはカテーテル検査時に「冠攣縮誘発試験」も合わせて行います。
冠攣縮誘発試験は、冠動脈内に攣縮を誘発するための薬剤(アセチルコリンまたはエルゴノビン)を注入し、冠動脈の変化と発作の症状が出るかを確認します。
カテーテル検査は、入院して受けていただく必要がありますので、当院では、患者さまにご相談の上、提携の医療機関を紹介しております。
(提携病院:名古屋市立大学医学部附属東部医療センター、名古屋ハートセンター、名古屋市立大学病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院など)

5.冠攣縮性狭心症の治療

冠動脈の狭窄が軽度な冠攣縮性狭心症の場合は、薬物療法を中心に治療を行います。 治療薬には、「発作が起こった時に使用する薬」と、「発作を予防する薬」の2つのタイプがあります。

発作時に使用する薬

発作時には、「ニトログリセリン(通称:ニトロ)」を使用します。
ニトログリセリンは、冠動脈を広げて血流を改善する「硝酸(しょうさん)薬」と言われる薬剤です。
舌の下に入れて溶かす「舌下錠(ぜっかじょう)」やスプレーのタイプがあり、発作時の痛みを素早く鎮める効果があります。内服ではなく、直接口の中で吸収させることで、素早い効果が期待できるのがメリットですが、あくまでも緊急的に使う薬剤のため、効果は30分程度で消失します。
※なお、ニトログリセリンが効きにくい方には「硝酸イソソルビド(舌下錠)」を使用する場合もあります。

発作を予防する薬

発作の時以外に、継続して使用していただく薬剤です。
心臓で使用される酸素量をコントロールし、需要と供給のバランスをとる薬剤を日常的に使用していただくことで、発作を未然に防ぎ、患者さまのQOL(生活の質)を高めることが可能です。
冠攣縮性狭心症でよく使われる薬剤には以下のようなものがあります。

  • カルシウム拮抗薬 血管にある細胞内のカルシウム濃度が上がると攣縮が起こりやすくなるため、細胞内にカルシウムを取り込まないようにする。
  • 持続性硝酸薬 冠動脈や全身の血管(静脈、動脈)を広げ、心臓の負担を和らげる。
  • ニコランジル 冠動脈や全身の血管(静脈、動脈)を広げ、心臓の負担を和らげる。心筋の保護作用もあり。
  • 抗血小板薬 血液をサラサラにして流れを良くする。

なお、冠攣縮性狭心症でも、動脈硬化の進行が見られ、冠動脈が重度の狭窄を起こしている場合には、薬物療法だけでは改善が難しく、狭窄箇所を広げる「カテーテル治療」や外科手術が必要になる場合もあります。外科的な治療が必要な場合には、提携の医療機関をご紹介させていただきます。

6.生活上の注意

冠攣縮性狭心症も、労作性狭心症と同じく、動脈硬化への対策が必要になります。
動脈硬化は、自然に治ることはない上、放置していると少しずつ進行してしまうため、これ以上進行させないということが重要です。発作のリスクを減らすためにも、以下のような点に気を付けましょう。

生活習慣病の治療の継続

すでに動脈硬化による高血圧や糖尿病、脂質異常症などの治療を行っている場合には、自己判断でお薬を止めたりせず、病気のコントロールをしておきましょう。

日常生活の管理

バランスの良い食事や適度な運動など、規則正しい生活を心掛けて適正な体重を保ちましょう。
また、精神的なストレスが過呼吸を引き起こし、発作につながることもあるため、睡眠はしっかり確保し、日頃から自分に合った方法でストレスを解消するように心がけましょう。

禁煙、禁酒(節酒)

タバコや飲酒は、動脈硬化を進行させる上、直接的に冠攣縮を引き起こすきっかけになります。禁煙を行い、お酒も控えめにしましょう。

ヒートショックの予防

急激に体が冷えることで冠攣縮が起こり、発作が誘発されることがあります。特に冬場など、急な温度差が生じるような環境は避けるように注意しましょう。

狭心症の予防についてはこちらのページでも紹介しております。

7.よくある質問

1)発作時に何度もニトロを使用していると効かなくなりませんか?

長時間作用型の硝酸薬は、長期間の使用で耐性が付くため、休薬期間が必要ですが、発作時に使用する短時間型のニトロではほとんど 耐性は付かないと考えられています。 もし仮に耐性が発生したとしても、しばらく時間を空ければ消失してしまいますので、発作時には我慢せずに、速やかに使用するようにしてください。 特に冠攣縮性狭心症の場合、運動などのきっかけがなくても起こることがあります。ニトロは日常的に携帯しておくようにしましょう。

2)安静時に発作のような胸の痛みが出ましたが、冠攣縮性狭心症でしょうか?

安静時に起こる発作には、冠攣縮性狭心症のほかにも、「急性冠症候群」と呼ばれる重症の「不安定狭心症(労作性狭心症が悪化し、安静時にも発作が出るようになったもの)」や「心筋梗塞」などの可能性もあり注意が必要です。

通常、動脈硬化は徐々に進行するので、症状も段階を追って悪化しますが、まれに急速に冠動脈の狭窄が進行し、運動時の発作がないまま、安静時に狭心症発作が出る場合もあります。

初めて発作が起こった方や、痛みがあってもまだ受診していない方は、早期に一度、詳しい検査を受けられることをおすすめします。
すでに狭心症と診断され、治療を行っているのであれば、痛みが起こった時にはニトロをすぐに使用してください。強い痛みが長く続き、ニトロを使っても症状が治まらない場合には、心筋梗塞に移行している可能性があり、命に関わりますので、至急、救急搬送が必要になります。

8.院長からひと言

冠攣縮性狭心症は日本人には比較的多い疾患です。症状は安静時、特に早朝に出ることが多いですが、発作時の症状は労作性狭心症と似通っており、労作性狭心症との判別が難しいことがあります。起こりやすい時間帯や、持続時間、またホルター心電図などの検査で鑑別をしていきますが、冠攣縮性狭心症が疑われる場合はカテーテル検査で攣縮の誘発試験を行うと診断がつきます。症状は辛いものですが、診断がつけば対処法はあります。胸の症状が短時間で治るからと放置せずに、気になることがあれば早めに受診することを勧めます。