Q. ワクチンの接種回数は?
A. ・6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種(生後6カ月より接種は可能ですが、1歳未満の乳児へのワクチンの効果は証明されていません。そのため、当院では1歳未満のインフルエンザワクチン接種はおすすめしておりません。)
・3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL( 2回接種をおすすめしています)。
・13歳以上の方 1回0.5mL 1回接種
Q. 1回目の接種時に12歳、2回目の接種時に13歳になっていた場合は「1回接種」でよいですか?
A. 1回目の接種時に12歳で、2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいて差し支えありません。
Q. インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?
A. インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、12月末~3月上旬に流行のピークを迎えます。12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。
Q. 2回接種のとき、どの間隔が一番よいですか?
A. 原則的には、13歳以上では1~4週間、13歳未満では2~4週間空けて接種することは可能ですが、よりワクチンの効果を高めるために、3~4週間前後空けて頂くようご案内しております。
Q. インフルエンザの免疫はどのくらい続きますか?
A. 抗体は接種1か月後に安定します。ワクチンの効果が期待できるのは、接種後2週間から3~5カ月までと考えられています。
Q. 卵アレルギーでも接種することはできますか?
A. ワクチンの中に卵の成分はほぼ入っていません。安心して接種していただけます。
Q. インフルエンザワクチンの接種によって、インフルエンザを発症することはありますか?
A. ありません。インフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。不活化ワクチンにはウイルスとしての働きはないので、ワクチン接種によってインフルエンザを発症することはありません。
Q. インフルエンザワクチンを接種すればインフルエンザにはかかりませんか?
A. インフルエンザワクチンは「かかりにくくする」「かかっても軽くすむ」「インフルエンザ脳症などの合併症に罹りにくくする」ようにすることが目的です。インフルエンザワクチンを接種していても、インフルエンザを発症することがあります。
Q. インフルエンザワクチンの接種によって引き起こされる症状はどのようなものがありますか?
A. 比較的多くみられる副反応には、接種した場所の赤み、はれ、痛み、発熱などが挙げられます。通常2~3日でなくなります。
まれではありますが、ショック、アナフィラキシー様症状(発疹、じんましん、赤み、かゆみ、呼吸困難など)が見られることもあります。
Q. 鼻水や咳などの症状がある時に接種しても、ワクチンの効果は変わりませんか?副反応が出やすくなりませんか?
A. ワクチンの効果は変わりません。しかし、体調が良い時に接種することをおすすめします。
Q. 妊娠中、授乳中でも接種することはできますか?
A. できます。妊娠中や授乳中にインフルエンザに罹患するリスクを考えると、むしろ接種しておくことをおすすめします。
Q. 他の予防接種と一緒に接種することはできますか?
A. 同時に接種しても問題ありません。ただし、別日に接種される場合はインフルエンザワクチン接種から1週間経過後に受けて頂くようお願いします。