毎年流行するインフルエンザですが、体力のない子供やご高齢の方々には、インフルエンザ脳症といった合併症もあり、命に関わる病気でもあります。「予防接種を打ってもどうせかかってしまうから」と予防接種をされない方もいらっしゃいますが、「かかりにくくする」ためであり、「インフルエンザ脳症といった重症化を防ぐため」にも接種することが必要と考えます。新型コロナウイルス感染症の蔓延が懸念される中、例年より多くの接種希望が予想されますが、より必要とされる方に確実に接種できるようご協力をお願いします。

インフルエンザの予防接種については、インターネットで予約をお願いしております。
以下のリンクより問診票をダウンロードして、当日記入・ご持参いただければ、待ち時間が早くすみます。

[インフルエンザ問診票ダウンロード]

※名古屋市にお住いの65歳以上の方は、公費補助を受けるために、上記のような問診票ではなく、別の問診票への記入が必要となります。
(65歳以上の方は公費の対象となるのが10月15日以降となりますのでご注意ください。)
問診票は専用の用紙になりますので、受付で受け取っていただきますよう、お願いいたします。

厚生労働省から以下の案内がされております。新型コロナウイルス感染症の蔓延が懸念される中、より必要とされている方に確実に接種ができるよう、皆さんご協力をお願いします。

○ 原則として、
①予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は10 月15日(木)から接種を行い、それ以外の方は、10 月26 日(月)まで接種をお待ちいただくようお願いします。
(※)9/30現在、名古屋市では10月15日からの補助が認められております。

○ 10 月26 日(月)以降は、
特に、②医療従事者、65 歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6 ヶ月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。

○ なお、これら以外の方々についても、10 月26 日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はありません。